55p
場所:山口県・G湖
日時:1997/8/12 PM7:00
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-605
REEL:Scorpion ANTARES Left
LINE:SUPER HARD 12lb
LURE:GAMBLER STUD 5in
日中にサイトでロックオンしておいたこの兜首。夕刻に一投で仕留めてやったわい。
急流なバックウォーターにある大岩の影に張り付いて居ったんじゃが、重めのネイルシンカーを埋め込み、ナチュラルドリフトで大岩の底をスイミングさせたら一発で食ってきおった。
遠征軍最終日、帰陣間際に勝負を賭けた一撃。
善き思い出になったのぅ。










54p いやいや〜久方ぶりの50upで御座る。
アタリは非常〜〜に小さかったで御座るが、アワせた瞬間に50upを確信致しましたわい(とか言ってヨンパチ君とかヨンナナ君とか結構あったが…)。
この黒鱒君はイマイチ説明のつかぬところに潜んでおったのぅ。つうか正直申さば、ミスキャストで釣れてしもうただけの話じゃ。まぁ今回も運だけで御座るわ。
:・(`▽´)・:
ワシの様な黒鱒凡人がデカイの釣る時なんぞは、所詮そんなものよ。。。
とにかく重かったわい!!
\(`0´)/
場所:千葉県・利根川水系
日時:
2003/5/15 PM9:30
使用タックル
ROD:
パームスエッジ EGC-606
REEL:Scorpion Metanium XT Left
LINE:SUPER HARD 12lb
LURE:KEITECHラバージグModelT7g
TRAILER:パドル(名前忘れた…)









53.5p ZENJIN医和殿に連れて行って頂きました桧原湖。
当日は本山博之公のガイドで御座った。
午前中は風もほとんどなく非常にタフタフで、沖のハンプ(8〜11m)を中心にマイクロクローラーのダウンショットで釣っておった。
タイミングをはかって入った夕方のシャロー。残り時間も僅かとなり、二子島沖のハンプで最後の勝負。
着水後、波紋が消えるまで放置プレイ。そしてハンドル2巻き半で水を持ち上げるような恐竜登場型バイトあり。
ガッチリ口閉じ尾開きで53.5p。当然ながら引きも半端ではなかった。
どうやらこの時点での「日本記録」のようで御座る。
ヤバイ、ヤバ過ぎる…。
場所:福島県・桧原湖
日時:
2004/9/16 PM5:40
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-665
REEL:Scorpion Metanium XT
LINE:GT-R ULTRA  14lb
LURE:L&Sプロップベイト
本山バージョン










53p
場所:千葉県・将監川
日時:2011/10/23 AM10:00
使用タックル
ROD
スティーズ・トップガン
REEL:スティーズ 103HL
LINE:KUREHA R-18 10lb
LURE:パルスワーム 4in ライトキャロ

黒鱒城合戦2011。最終戦にて捕獲。
この53p、1,975gを含む、3尾2,650gで優勝。
オフショアのストラクチャーに、ライトキャロのパルスワームを通したら食いおった。












53p
場所:山口県・G湖
日時:1996/8/14 PM1:00
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-665
REEL:Scorpion Metanium XT Left
LINE:SUPER HARD 12lb
LURE:GAMBLER STUD 5in
MID SUMMERの定番パターンでもある岩盤サスペンド黒鱒を、対岩盤用スカッドワームのギャンブラースタッドで捕獲。
もんの凄っげぇ〜ジャンプ1発の後、突如として急潜行開始。あまりの激しい突っ込みに、久々にドラグをゆるめたわい。
(´Д`;)

まっこと60オーバーかと思うたぞ。Ψ(`∀´)Ψ











52p 小森嗣彦公のガイドにて釣らせて頂きました。

徹底的にレッグワームリグを学ぶため、ゴミ撃ち用テキサスリグ以外、全てのリグを完全封印。

大型のプリメスを発見し、小森公のご教示に忠実に従い、狙い通りの捕獲也。

気持ちエガッタ〜!!
場所:千葉県・亀山ダム
日時:
2015/4/17 PM2:30
使用タックル
ROD:
スティーズ・ハーミット
REEL:ダイワSS-AIR
LINE:FCスナイパー 8lb
LURE:レッグワーム黒











51p
場所:兵庫県・武庫川水系
日時:2006/10/23 PM18:00
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-666
REEL:TD-Z 103ML
LINE:GT-R ULTRA 14lb
LURE:アイマ・コモモ SF-125

関西秋の陣2006初日、翌日からのロクマル捕獲戦を前に、同陣のオガケンより“必殺落ちアユパターン”を御伝授頂き、まずは練習のつもりで出陣した武庫川水系河川にて捕獲。
ラインスラッグの捌き方とリトリーブコース、そしてカラーローテーションが非常に大切なこの釣り方、慣れるまでちいと時間が掛かったが、遠征初日から善き戦果が得られた。
オガケンいわく、「僕を頼って来られた方で 、素直に初日から50を出してくれる人はそうそういない」

う〜む…己の技量、多少は褒めてやるとするか。









51p サイトで釣りまして御座る。絶大なる信頼の、我がGAMBLER STUD 5in。
この時カメラを車に忘れてしもうたんじゃが、とりあえず石積みで黒鱒風呂を作り、カメラを取りに戻る間、ゆるりと待機して貰うた(笑)
いい湯じゃったと言うとったわ。
Ψ( ̄∀ ̄)Ψ
場所:山口県・G湖
日時:1998/8/11 PM5:40
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-605
REEL:Scorpion ANTARES Left
LINE:SUPER HARD 12lb
LURE:GAMBLER STUD 5in









51p
場所:千葉県・利根川
日時:1999/7/20 PM9:00
使用タックル
ROD
パームスエッジ EVC-604
REEL:Scorpion ANTARES
LINE:SUPER GT-R 16lb
LURE:マッドペッパーマグナム
水深30pから一気に7mまで落ち込む浚渫のショルダー部から、少ぉ〜し離れたところに浮いておった御様子。最近特に思うのじゃが、近年のハイプレッシャーゆえか、兜首はブレイクにタイトに付かなくなってきてる様な気がする。
まったくもって釣りづらいことこの上なしじゃな。
(メ▼。▼)y-~~~









50.5p
場所:千葉県・将監川
日時:2014/8/17 PM9:00
使用タックル
ROD
エッジPRIDE EPGC-563
REEL:PX-68L
LINE:KUREHA R-18リミテッド 8lb
LURE:02侍スペシャル

狂気の禁断ブレインへ入っている黒鱒君。
こんな状態の彼らは、誰でも釣れまする。
自慢にも何もなりませんので、多くは語りませぬ。
あくまで思い出として掲載。

残念なことに、
こういう状態の黒鱒君たちを捕獲して、大喜びしてる阿呆共がおりますが、まさかZENJIN軍にはおりますまいのぅ(笑)

のぅ?醍婆よ(笑)









50p
場所:千葉県・将監川
日時:2008/3/23 AM11:40
使用タックル
ROD
エッジPRIDE EPGC-605
REEL:TD-Z 103HL
LINE:SUPER HARD ストロング 12lb
LURE:KEITECHラバージグModelT7g
TRAILER:JUMBOポークフロッグ
2008年初黒鱒がゴンザレスじゃ!(`□´) ノ

二日前に降った冷たい雨のお陰で、朝イチの表水温は僅か8℃。。しかしこの日は大潮であり、「産卵第一陣の大黒鱒は必ずシャローに差している」と確信し、気合で放ったジグ&ジャンボポークにゴンザレス君が応えて下さった。
マイクロシェイク&ロングポーズ後、次のシェイクに移ろうとロッドを立てた時、僅かな生命感をラインが捉えた。

すかさず剛腕アワセを喰らわせたんじゃが、その重量感に瞬時に大黒鱒と確信したわい。久方ぶりにグラウンドランディングで胴体キャッチじゃ!!
ブリンブリンの1.850g也。










50p
場所:茨城県・牛久沼
日時:2011/4/11 AM8:00
使用タックル
ROD
スティーズ マシンガンキャストU
REEL:スティーズ 103HL
LINE:マシンガンキャスト 20lb
LURE:D-ZONE DW 1/2oz 黒
東北太平洋大地震のチャリティートーナメントにて捕獲。
同トーナメント優勝。

鈴木美津男公のご教示の下、中ノ島周りをひたすらに。
ブリンブリンの2.140g也。











50p この黒鱒君はホント可哀想なことに、お尻からジグヘッドが出ておった。
結ばれていたラインおそらく3lb…。
尖がった岩がゴロゴロのバックウォーターには、とても似合わぬ極細ライン。
なんでもかんでも細いラインを使や〜エエと思っておる弱将共め、細いラインを使う前に己の技を磨くべし!
(`Д´) ムキー!!
ジグヘッド摘出手術後リリース。
早う元気になって下されよ、黒鱒君!!
場所:山口県・G湖
日時:1998/8/10 PM4:00
使用タックル
ROD
パームスエッジ EGC-604
REEL:Scorpion ANTARES
LINE:SUPER HARD 12lb
LURE:SENKO 6in(036)



戻る