10月
将監川 10日(月)
将監川 14日(金)
将監川 20日(木)
将監川 28日(金)
将監川 29日(土)
第二回黒鱒城合戦 30日(日)

2005/10/28

将監川決戦





の休みに合わせ、帝釈文殊が出陣。
10月30日(日)
黒鱒城杯の直前プラとなった。

帝釈は前日の27日も利根川・将監川に出陣している。
TBCクラッシックに出場される
福田成正殿のプラにお誘いを受け、
同船させて頂いたのだ。



さて、
伝家の宝刀
フリックシェイクを引っさげて、
このところ絶好調の


悲願の
初優勝が大いに期待されたが、
残念ながらが此度の
黒鱒城杯は仕事の都合で不参加表明。

ノリノリだっただけに残念の極みだ。



それにしても、マジで今年のの勢いはヤバイ。
昨年までは意味不明の大ハズシがあったが(笑)、
今年は実にクレバーな釣りを展開している。


此度も
フリックシェイク3.81/32ozジグヘッドワッキーをメインに、
7尾の黒鱒をなんなく捕獲。

帝釈文殊の度肝を抜いた。





今年のワシはひと味違うぞ!





ついでにこんなのも捕獲。

ニゴイ
タイニープレデター(ザリガニ)



気持ち悪ぃ〜
Y(>_<、)Y





そして本日の最大黒鱒。

黒鱒 38p
マイクロスピン

コメント:
大幅に減水傾向だったので、それを踏まえた戦略を組み、岸際のカバーではなく、多少沖を狙って捕獲。この1尾は狙い通りの釣りが展開出来た♪
40upじゃなかったけど、気分が良かった!!







帝釈
は老体ゆえの疲れか、とりあえずモーニングバイトをものにした直後、
お約束の睡眠タイムに入る(笑)。





文殊艇にロープを巻きつけ、引っ張ってもらいながら安眠を貪る。
疲労困憊で
睡眠3時間也。。。





午後1:30 おもむろに起床した
帝釈
とりあえずマメ1尾追加。







の連荘を目の当たりにし、戦意喪失の文殊であったが、
D-ZONEフライチェリーで1尾づつ捕獲。


貧戦果にも関わらず、なぜかガッツポーズの
文殊


本人曰く、、、

デコ回避&晒し首回避がなにより重要!!

とのことでした。。。






2005・10・28
TEAM-ZENJIN 将監川決戦 結果
名前 魚・尾数
黒鱒 6 ニゴイ 1
帝釈 黒鱒 2
文殊 黒鱒 2


戻る