10月
将監川 10日(月)
将監川 14日(金)
将監川 20日(木)
将監川 28日(金)
将監川 29日(土)
第二回黒鱒城合戦 30日(日)

2005/10/30

第二回
黒鱒城合戦





昨年の11月28日、第一回黒鱒城杯終了後の宴席で、

「来年は年間3戦くらいはやりたいな!」

などとほざいていた
ZENJIN衆であったが、気付けばすでに本年も10月。
帝釈文殊が慌てて予定を組み、第二回黒鱒城杯が開催された。


本年絶好調を誇る

そしてその
と昨年タッグを組んだKOUMEI
昨年の黒鱒城杯で
帝釈を追い詰めに追い詰めた両名が、
共に無念の不参陣表明。

前回、ZENJIN最狂と恐れられた
トミ助を従え、絶対不利といわれた戦を
見事優勝で飾った
帝釈軍の二連覇は確実かと思われた。

が、そうはさせじと常陸の猛者
医和が立ち上がる。
さらには
帝釈イズム最後の後継者醍婆が参陣を表明。
若き闘将
文殊も力をつけてきた。

今年の
黒鱒城合戦も熱い!!かも…。





総陣容

【負ければ引退、炎の師弟軍】
帝釈&醍婆



前回は“トミ助”という究極のハンデを背負いながらも、
20gという僅差で優勝を決めた
帝釈
此度は
帝釈イズム最後の後継者醍婆とのタッグ。
阪神帽黒鱒帽、互いの勝負帽をかぶって必勝体制。







【常陸の猛将と下総の盲将、初見参軍】
医和&阿修羅



今年不調の桧原湖に少々気落ち気味の医和
しかし今月10、20日と2日間のプラを消化し、
非売品のTeam-Spinキャップで気合の参陣。
風邪っぴきの
阿修羅を伴い、初見参初優勝を狙う!







【さらなる友情を育もう軍】
文殊&ぺペロン



こちらもまた風邪っぴきの文殊
帝釈醍婆天照阿修羅など多くのZENJIN衆に菌を撒き散らした張本人。
「もち優勝を狙う!勝つためには風邪菌も武器にする!
まずはリミットを確実に揃えることからだ!」

前回同様、盟友
ぺペロンを従え気合十二分。



以上の3組。




総奉行文殊より開会の挨拶があり、
続けて
法度奉行帝釈からルール説明あり。


1)バッグリミット5尾
2)帰着時間午後4:00
3)死魚は無効



以上簡単な試合法度。


そして今回、
“己水域”(マイウォーター)制が導入された(笑)

軍の代表者がジャンケンをして、勝った者から順番に
一番先に入りたいポイントを宣言出来る。(特にない場合はそのままスルー)


医和&阿修羅軍がボート屋付近のオダを宣言。
帝釈&醍婆文殊&ぺペロン軍は特に宣言がなかったため、
オダ医和&阿修羅軍己水域となった。






試合開始



帝釈&醍婆軍は一気に下流へ。
医和&阿修羅軍
はボート屋付近のオダ。
文殊&ぺペロン軍
は北岸の杭。

三軍三様で目的のポイントへダッシュ!
ここに骨肉相食む第二回黒鱒城杯が開始された!!




醍婆「アニキよ〜」

帝釈「あ〜?」

醍婆「今日で将監川4日連続なんスよねぇ〜
んじゃ釣れるとこ分かってんスよね〜
Ψ(`∀´)Ψ

帝釈「分かんね…(σ‐ ̄)鼻くそホジホジ( ‥)ノ゛⌒・ポイッ」

醍婆「なんでよ!(゛`O´)/

帝釈「だって毎日釣れるとこ違うんだもんよ! ヾ(。`Д´。)ノ彡



前日までの雨を考慮し、下流側の流れ込みをメインに戦略を組んでいた
帝釈
しかし…。


帝釈「おうおう、ずいぶん船が多いのぅ」

醍婆「んだなや〜」

帝釈「うお〜どんどんこっちに攻めてくるぞ〜」


下流側にあるもう一軒のボート屋方面から大挙して押し寄せるボート軍。
よく見ると、それはレンタルボートではなく、マイボーターの船団であった。



帝釈「なんじゃありゃ、他でも大会をやっておるんかいな」


さらによく見ると、その船団の中に
帝釈の知り合いがいた。
元ポパイ千葉店従業員の
沖スト君(仮名)だった。


帝釈「いんや〜たくさん船がおるの〜、試合でもやってんの?」

沖スト君「友達同士の大会で〜す、10人くらいでξ\(^。^ ))

帝釈「あ〜そうなんだ〜頑張ってね〜♪♪(^0^)/~




帝釈「こりゃダメだ、あんなに船いたんじゃワシ等の魚などおらん( -。-) =3



前方から押し寄せる船団にビビった
帝釈は、上流にバウを向け一気に押し上がる。


途中、文殊&ぺペロン軍をスルーし、医和&阿修羅軍を探したが、
かなり上流まで上っているのか
帝釈&醍婆軍からは見えなかった。




帝釈
「よ〜し、こっからはピンピンピンピンで撃って行くから
気合でセンちゃん投入せいや醍婆!」

醍婆「お〜しっ!(`□´)

帝釈「アタリがなかったら即移動じゃ、エエな醍婆!」

醍婆「ガッテン承知之介じゃ!\(`0´)/



スタート後かなり下流まで進み、Uターンしてきた
帝釈&醍婆軍
時間のロストを取り戻すべく、効率よくチャッチャと擬餌投入。

帝釈02醍婆センちゃん


帝釈「ワシは中層、おぬしはフォールじゃ」

醍婆「おう」


エレキ全開から突如の停止。そして撃つべし。
アタリがなければ再びエレキ全開。

極端な静と動を繰り返した数箇所目。



醍婆「うっしゃキター!!
(;`O´)o/ ̄~ >゜))彡




帝釈
「うし!予定通りじゃ!!(`O´)ノオー!!



これが予定を上回る黒鱒だった。推定
900gの兜首捕獲。



帝釈「ようやった醍婆よ、グッジョブ!!o(≧▽≦)o

醍婆「必ず勝つ!!щ(=`□´щ)オオオォォ



思い起こさば昨年の黒鱒城杯。。。

「今後、タッグの組み合わせに対し、奉行人の苦労も知らずに
ブーたれる輩が出てくることであろう。
そやつらに目に物見せるためには、ワシがトミ助と組んで勝つより他はなし」


と、自ら進んで
トミ助とタッグを組み、協力の二文字をもって
絶対不利と言われた試合を見事に勝ちきった帝釈


思い返せばあのタッグも非常に楽しかった。
しかしながら、此度の師弟タッグもまた格別なる楽しみがある。



幸先よくグッド黒鱒を捕獲した帝釈&醍婆軍
だったが、
その後
醍婆に時折ギルらしきアタリがあるのみで、
帝釈にいたっては完全ノーバイト


醍婆「釣れませんのぅ (-。-;) ボソッ

帝釈「アタリすら無いわい ( -。-) =3



さらに上流へ進む帝釈&醍婆軍
途中、沖スト君が沖ストで粘っているのを横目に、
昨日編集部
レツが調子よく釣っていたストレッチを探る。

が、これが予想外に完全沈黙。


その時、背後で沖スト君
「よしっ!!」とのシャウトが響いた。
大型ではなかったが、まぁまぁサイズを捕獲していた。


かなり期待していたストレッチが完全沈黙し、同様する
帝釈
しかし気持ちを切り替え、さらに上流を目指す。

ひとしきり進むと、いい感じで風のあたっているシャローを発見。


帝釈「ん〜釣れそう ( ̄O ̄)

醍婆「そうすか」

帝釈「よ〜し、このストレッチで3尾釣ったる! ヽ(`⌒´)ノ

と、言うが早いかいきなりの捕獲。
370g


帝釈「ほら居ったであろうが ( ̄・・ ̄)=3 フンッ


10数メートル進み、やはり風のあたるシャローカバーに
02を投入。

帝釈「また食ったでぇ〜
(;`ー´)o/ ̄~ >°))彡

これがなんと推定
980g



帝釈「どうじゃ!(`O´)ノ


さらにこの10分後、
帝釈がダメ押しの1尾捕獲。
270g

醍婆「02炸裂じゃ〜! (`O´)ノ



通常の釣りであれば、隣りの連荘にはブーたれる
醍婆であるが、
タッグとなれば話は別。
船上でガッチリ握手の
帝釈&醍婆軍



リミットまであと1尾となったところで一呼吸かと思いきや、
すかさず醍婆がリミット成立の黒鱒を捕獲。
130g


これで5尾、推定
2650g

時刻は
午前10時10分だった。


醍婆「これで勝ったっしょ Ψ(`∀´)Ψ

帝釈「たぶんな へ(゜∇、°)へ」


早くも余裕の
帝釈&醍婆軍


醍婆「飛び込み人間でも投げっかな Ψ(`∀´)Ψ

帝釈「そりゃナメ過ぎちゃうか?
んじゃ、ワシはハスキー投げるぞ
へ(゜∇、°)へ


などとオチャラケタイムは瞬く間に過ぎて、時刻は1時過ぎ。
途中、ギルアタリが
醍婆にあるだけで、帝釈はまたしても沈黙。


帝釈「そろそろヤバイのぅ」

醍婆「おっと、他軍の船が浮いておりますぜ」

帝釈「おぉ〜情報撹乱&写真撮影でもするか ψ(`∇´)ψ




医和&阿修羅軍。



帝釈「釣れたぁ〜?」

医和
「うへへへ (゜∇、°)



意味深な笑いを浮かべる
医和
その
医和のロッドについているルアーは…



ESDRIVE


帝釈
「釣るの諦めたか、ビッグウエイトを持ってるかどっちかだな。
多分前者だと思うがのぅ
Ψ(-◇−)Ψ


医和「いや〜こいつで結構バイトあるんスけどね〜♪」

帝釈「マジで!?( ̄TT ̄)鼻血ぶー」







文殊&ぺペロン軍

状況を聞こうと近づいていくと
デコってます…( -。-) =3

と、マジで落ち込んでる様子の
文殊

醍婆「アタリもねぇ〜の?」

文殊「ギルっぽいのが数回…( -。-) =3


心底ヘコんでいるご様子。


しかし…


帝釈「でもぶくぶくポンプ作動してんじゃん |電柱|ー ̄) 隠れニヤリ

文殊「あんまり寂しいもんで、雰囲気だけでも…( -。-) =3

帝釈「セツナイのぅ。。。
まぁ落ち込んでても仕方ないし、とにかく頑張れ!」

文殊「はい…( -。-) =3





帝釈「文殊はダメか…ありゃホントにヘコんどるのぅ」

醍婆「アニキよ、まさかあのリアクションを信用しとるんか?」

帝釈「あれは演技ではあるまいよ。
もし演技だったら文殊は役者になれるわい」

醍婆「ワシは信じてはおらんぜ!
文殊よ、ワシは騙されんぞ
Ψ(*`Д´*)Ψ グヘヘ




その後タラタラと流し続け、最上流部まで到達した
帝釈&醍婆軍
超ヘビーカバーの際奥に放った
帝釈のテキサスにグッドサイズがバイト。
しかし、これを痛恨のバラシ…。


リミットが揃っている余裕か、集中力を途切らさず下流に向かい北岸を流す。

帝釈をして、
「このエリアを狙う為に02を作った」
と剛語するエリアで、
帝釈3尾、醍婆4尾を捕獲。
しかしこれが100〜130gの幼魚虐待。
帝釈が捕獲した中に1尾だけ370gが混ざり、130gを追い出す。



さらに下流へ下りつつ、風表のワンドで
帝釈が1尾追加。
320g

270gを追い出し、50gアップ。

これにより推定ウエイト
2940g




帝釈
「とりあえずこの時期のMAXウエイト出たな」

醍婆「後はどうすっかね」

帝釈「あと1時間半か〜このままここに止まって50gづつでも入れ替えるか、
一気にボート屋周辺まで下り、まぐれの大黒鱒期待で勝負するか、
どうすっかな」

醍婆「う〜む」

帝釈「そろそろ下流の船団も減ったと思うし、勝負してみっか」

醍婆「了解 (*`Д´)ゞラジャ!



3キロの大台に乗せるべく、上流を見切った
帝釈&醍婆軍
エレキ全開でスタート地点まで戻る。

しかし
帝釈の予想に反して、いまだかなりの数の船が浮かんでいた。
前方からは来週末に行われる
TBCクラッシック
プラ艇と思われるバスボートが接近。
さらにはその背後から新たなアルミが3艇連なって向かってきた。。。


帝釈「我、過てリ…策を過てリ…(T-T)


結局
帝釈&醍婆軍が撃てる場所もなく時は過ぎ、
途中
醍婆の進言により30分の延長となったが、
まったく大勢に影響はなく、そのままフィニッシュ。。。








結果発表





第尻位
文殊&ぺペロン
580g


3inパワーホグチェリーで2尾を捕獲した文殊&ぺペロン軍
毎度のことではあるが、優勝宣言していたわりには
気合が空回りして此度もまた惨敗。


文殊談
クソッ
(`ヘ´)
試合中は口三味線を鳴らしながらデコを装い、
皆を油断させるのには成功したが、肝心な魚があと1尾捕獲出来なかった。
まだまだ力不足です。リミットを揃えなきゃ話になりませんわ。
んでもって本大会で一つ決意した!
優勝するまで
ぺペロンと組んで戦い続ける!?


やはりデコっつうのは嘘だったな ( ̄ー ̄)ニヤリ
ワシを騙そうなんざ500年早いわい
by 醍婆



第2位
医和&阿修羅
700g

此度初出場の医和&阿修羅
とりあえずどうにか尻位は免れ、ホッと一安心か。

医和談
ぶっちゃけ午後3時30分までデコってました!(爆)。
8時30分くらいに沖のハードボトムでバラシた魚が痛すぎた。(推定800g)
その一部始終を
帝釈&醍婆軍に見られたことにより冷静さを失った。
それからはバラシ多発、
Bait Breath リンバーをジグヘッドワッキーで
一袋全部使ったにも関わらず、結局捕獲ゼロ。
信頼の
D-ZONE3/8ozでとりあえず一本を死守。


阿修羅談
朝の早い段階で1尾捕獲したまではよかったんスけど、
後が続かなかった。
次は必ず見せ場を作るぞ!そして
阿修羅派閥を作ってやるのだ!!


阿修羅派閥?訳分かりませんわ。
ハッタリだけでは魚は釣れませんね。
¬(  ̄ー ̄)┌ フッ
by 帝釈






第1位
帝釈&醍婆軍

2910g


師弟軍強し。
帝釈
、黒鱒城杯2連覇!!
醍婆も初出場でナイス黒鱒を捕獲し見せ場を作った!!






帝釈談
とりあえず勝ててエがった♪♪

本日の試合の山場は2つ。
1つ目は、朝イチ狙った下流が予想外の不発と、前方から押し寄せる船団に
即座に上流狙いへとシフトし、早い段階で
醍婆が叩き出した900g
2つ目は、前日調子の良かったエリアで完全ノーバイトを喰らい同様するも、
風向きが昨日と真逆だったこともあり対岸へ移動。
そこで3連発させ、キッカーとなる
980gを捕獲。

ここで8割方
“勝った”と思いましたのぅ。
その後、間髪入れずに
醍婆が捕獲しリミットメイクするなど、
かなり出来すぎの展開でしたわい。






「オラオラ、ムカつくだろ〜」

もっと腹立つように変な顔してやっからよう見とけぇ。
へ(゜∇、°)へ
オイそこ!ワシの顔をしっかり拝んどけや!
ししゃもみてぇな小魚を無理矢理両手持ちしてるお前だよ!(爆)





第二回黒鱒城合戦
全成績

順位 名前 尾数 ウエイト(g)
優勝 帝釈&醍婆 5/5 2910
準優勝 医和&阿修羅 2/5 700
3位 文殊&ぺペロン 2/5 580



戻る