6月
桧原湖 5日(日)
将監川 7日(火)
将監川 10日(金)
将監川 15日(水)
桧原湖 16日(木)

2005/6/16

桧原湖決戦





ここに
医和が再出陣。
自身の
新艇入水フェスティバル開催のため、
文殊とともに桧原湖へ出陣したが、暴風によってそれを阻まれ、
無念の涙を飲んだ
医和


「無念晴らすべし」の気合のもと、
此度は
帝釈を伴っての出陣となった。



帝釈は徹夜三日目の夜に遂にダウン。
午後8:37の記憶を最後に黄泉の国へ旅立った。

午前3:00、
医和からの携帯により娑婆世界に呼び戻された帝釈は、
あまりの衝撃に血液が逆流。
何ゆえか…。


医和屋敷待ち合わせ時間が午前3:00だった。。。



m(T△T)m
腹斬りまする!!




医和の御慈悲により切腹を免れた帝釈
表記できない速度で高速を疾走し
医和屋敷到着。
すぐさま
桧原湖へ向けてGO。
予定時刻を大幅に遅れての着陣となった。


まずは
桧原湖の主、本山公にご挨拶し、
医和新艇入水フェスティバルを取り仕切って頂く。

本山公がボートの四隅に塩を撒き、シャンパンをかける。
そして
本山公ガイドのお客さんも交えて礼拝。





最後にボートオーナー医和が気合の逆噴射!(笑)




儀式を終え、いよいよ出航。
先ずは
桧原湖北岸にある神社に参拝し、
医和艇の無事故、武運長久を祈願しいよいよ出陣。







もっとも苦手とするシャッドテールパターンがメインとなるとの予想に
早くも戦々恐々の
帝釈


ハンプを中心に実績エリアを回りながら、
シャッドテールAR45スクエアなどで散発的だが捕獲を重ねる医和



帝釈はバイトはあるものの、相変わらずシャッドテール
巻きアワセが上手くいかず苦戦。
AR45でもショートバイトに泣かされ
これまた苦戦。。。



午前の部、9尾捕獲





コレだけ…







昼飯休憩に上がり、本山公と情報交換。
今一つ盛り上がりに欠ける状況とのこと。

桧原湖の各エリアをまったく知らない帝釈は、話を聞いても
チンプンカンプンなので
医和殿にお任せし、
ジャンボカツカレーをひたすらに食っていた(笑)。

「サムライ、もっと食えんだろ!
俺が持ってきてやる♪♪」


との有難きご配慮に甘え、公よりのオカワリ飯を更に食いまくった(笑)。

(〃´o`) フぅ〜腹いっぱい。






午後の部。


医和
「さぁ〜頑張って参りましょう!
本日も小ネタを持って参りましたぞ♪」


帝釈「ほぅ、してその小ネタとは?」


医和「斯様にシブい時は、そこに居る魚はキッチリと獲らなくてはなりませぬ」


帝釈「ほう、いかにも御意」


医和「んで、コレね♪」



「キッチリとる」「キシリトール」か…


( -。-) =3







午前中かなりセツナイ状況だった
帝釈は、
午後に入っても厳しい展開を強いられる。
なにせバイトが少ない…。

まずまず捕獲していた
医和も、時折激しくなる風に攻め倦む。


しかし流石は
医和、本山公50up捕獲ポイントに入り
ラバージグにより捕獲。






まったくもってダメダメの
帝釈
午前中の会社との電話のやり取りで、別件でまたしてもセツナイ状況に
なった
帝釈の集中力はゼロ、何とか流れを掴もうとアガいてはみるものの、
所詮は
桧原湖素人、哀れ帝釈ほとんど虫の息。。。





残り時間もあと僅か。
午前中に結構バイトがあったハンプに勝負を賭けた。
そこでようやっと
帝釈が2連。



もうギブです。






医和「やっぱ最後はオレンジブイっしょ♪♪」
ψ(`∇´)ψ



オレンジブイ…。
昨年
帝釈日本記録を捕獲した、二子島沖のハンプのことである。


帝釈「押忍 <(_ _)>




この最終最後でミラクルを起こすのが
帝釈の真骨頂。
強き強き闘志を秘め、ポイントへ向かう。

が…




先客が浮いておりました。
しかも、ブイの真横に…。

( ̄▽ ̄; ( ̄▽ ̄;



以上。





医和談

やっと就航することが出来ました。
これも一重に本山塾長、プロショップK's様、帝釈殿他、
黒鱒城御歴々の方々のお陰でございます。
改めて御礼を申し上げます。
戦果の方は今一つでしたが、今後一層精進していく所存でありますので、
何卒応援の程、宜しくお願い申し上げます。
<(_ _)>




帝釈談

まったくもってお話になりませぬ。
釣り自体はさほど難しいとは思わないんスけど、
(段巻きアワセは除く
( ̄▽ ̄)ノ

とにかくエリア地形を知らな過ぎで御座るわ。
今日みたいな拾い釣り展開になると、余計に厳しい。
ハンプの隆起形状を立体映像として捉えられないから、
無駄なキャストが増えるし、ARがメインになるようなスローな釣りでは
それが致命傷になりますわな。
潜水免許でも取って、潜ってみたいのぅ…。





2005・6・16
TEAM-ZENJIN 桧原湖決戦 結果
名前 魚・尾数
帝釈 小口黒鱒 3
医和 小口黒鱒 12


戻る