8月
八郎潟其の一 16日〜20日
(火〜土)
八郎潟其の二 16日〜20日
(火〜土)
八郎潟其の三 16日〜20日
(火〜土)
将監川 24日(水)

2005/8/16〜20

第四回八郎潟遠征軍


其ノ二



18日(木)

前日、偵察が目的だったとはいえ、
八郎潟最低記録となる1日3尾という最悪な戦果を出してしまった帝釈
あまりの戦慄に耐えられなくなり、己の全人脈をフル活用することを決意し、
有名職業黒鱒釣師の方々始め、片っ端から電話をかけまくる。

これに加え、途中
帝釈、否、アルミボート侍を見つけてお声を掛けて下さる
温かき釣師の皆様の情報や、
B.File三浦殿の情報を加味し、
寝食を忘れて戦略を練った(笑)



当日予定コース。

先鋒、本湖北岸リップラップ。
、本湖南岸天王排水機場周り。
中堅、ジャイアント下流域。
副将、ジャイアント中上流域。
大将、再び本湖北岸リップラップ。


これで釣れなきゃ、ワシゃ〜帰る!!
ヾ(。`Д´。)ノ彡
 by 帝釈



寝坊もなく5時過ぎ出艇。
北岸リップラップから戦闘開始。


基本に忠実に、リップラップ約3mくらいまでを
ラバージグで狙う。

開始早々に
帝釈オリジナルラバージグ
【ボトムボンバー】が、
今遠征最大の黒鱒君を含む、2尾を連れてきてくれた!

最大といっても44pなのだか…
( -。-) =3

黒鱒 2尾
【ボトムボンバー(帝ラバ)】

コメント:
エエのぉ〜本湖の魚って感じじゃのぅ〜♪
これだから早起きは大切なのである。
とりあえず先鋒場は勝ちじゃな!!



上々の滑り出しかと思われたが、その後アタリが続かず移動を決意。

次鋒場の
天王排水機場午前8時着。


地元の敏腕ガイド、
エスカーラ海上剛氏の御教示により、
スプリットショットでのこぼれゴロタ攻略を開始。


醍婆「アニキよ、普段見慣れぬワームばかり使いよりますのぅ」


帝釈「左様。
遠征、特に八郎潟のような比較的楽に釣らせて頂ける戦場では、
普段一軍のタックルボックスに入れぬワーム君達の活躍の場になるんじゃ。
ホレ見てみい、このリングワームなどはもう二十年物じゃ。
( ̄▽ ̄)ノ_彡




海上氏
の御教示通り、小ぶりながらまずまず捕獲成功。





醍婆、なぜか写真一枚(笑)






続く中堅、ジャイアント下流域

前日までの2日間、
エスケープツインでの好戦果を帝釈に見せつけられた醍婆
堪らず地元釣具店でソレを入手。

必勝で望んだ
ジャイアント下流


醍婆、見事にナイスコンディションを捕獲。



3日連続で叩きまくったジャイアント下流のピンスポット、
流石にストック切れか(笑)。
帝釈にいたっては数回の超ショートバイトで終わる。




ここまではまずますの戦果。

いよいよ副将、
ジャイアント中上流域へ向かう。
ここは
B.file三浦殿のお話し通り、岸際から結構な水深もあり期待出来そう。

ダラダラとバンクラインを流すのも芸がないので、
ブレイクに絡んだブッシュに
ヘビーテキサスリグをブチ込む。


醍婆「こういう風景は落ち着きますのぅ ψ(`∇´)ψ


帝釈「うむ、見慣れた景色に似ておるのぅ(笑)
しか〜し、どこぞのドブ川とはポテンシャルが違うぞ!(笑)」


ブッシュ内ではなかったが、開始早々帝釈のミスバイトをすかさず横取り!
否、フォローする
醍婆


黒鱒
【Garyラバージグ】

コメント:
はいコレ。
アンタが取りこぼした黒鱒君。
油断しちゃ〜いけませんよ。
Ψ(`∀´)Ψ


なんたる不覚…。
黒鱒君返せ!(゛`O´)/


その後帝釈、狙い通りブッシュの奥から黒鱒捕獲。





途中、旧国鉄橋脚下を通過した際、
権兵衛殿と申される岸釣りの達人より
お声を掛けて頂き、お薦めルアー&カラ−を御教示頂いた。

そして見事捕獲成功。

黒鱒
【ファットイカ】

コメント:
権兵衛殿の御教示により、チャートのファットイカで捕獲。
“郷に入らば郷に従え”先人の御言葉通りの戦果ですわい。
この時、それがしが所持していたファットイカのカラーは、奇しくもこのチャートのみ。正に以心伝心!なんのこっちゃ。

権兵衛殿、心より御礼申し上げまする。<(_ _)>



そのまま
ジャイアント最上流部まで釣りあがったもののアタリなし。

権兵衛殿が申された水量、水質の変化はもとより、
エリアの風景が
ZENJIN衆のホーム釣り場に似ていた為、
水質の違いを念頭に入れず、川の中ほどにある橋脚やウィードを無視して
普段通りの超接近戦を挑んだ結果と判断。

魚は沢山いるはず!と断定し、明日の戦略に盛り込むこととする。




時間も夕刻を迎え、いよいよ大将場の本湖北岸リップラップに向かう為、
ジャイアントを出る。

しかし、ここで
醍婆
ブレイク行きを強く主張。
帝釈としても、一昨年、一昨々年の猛爆を忘れられずにこれを了承。
水の悪さは重々承知であったが、僅かな希望を胸に出立。


入念に魚探をかけ、岸際には山立て用の目印もセットし準備万端。
そしてキャスト開始。



己のポジションを見失わないように魚探を凝視し、
渾身のキャストを続けるも、やはりというかノーバイト。


諦めかけたその時!
帝釈のVグラスが大きく弧を描いた!



帝釈「いたよー!!
(;゜o゜)o/ ̄ ̄ ̄~ >゜))))彡




昨年の八郎2004秋の陣では、ほぼ毎日ここに浮いたにも関わらず
黒鱒君がまったく回って来ず、痛恨の完全ノーバイトを食らった
帝釈
喜びはヒトシオであった。


帝釈「いや〜もう満足じゃわい!
これにて積年の努力が報われたというものじゃ!!


醍婆「積年というほどのことでもなかろうに…( -。-) =3


しかし、続けざまにまたしても
帝釈LV-200にバイト!


帝釈「まだいたよー!!
(T0T)o/ ̄ ̄~ >゜))))彡


黒鱒 2尾
【LV-200】

コメント:
ここで釣れる黒鱒は、なぜか喜びが大きい。
八郎潟へ来て初めて猛爆した場所だからなのやもしれぬ。
黒鱒釣りがブームになり、人も増え、セコセコとした釣りを強いられること幾星霜、久方ぶりに夢を見せてくれた場所で御座ればのぅ。数は釣れるに越したことはないが、ここでの黒鱒君は格別で御座る。
またいつか夢宴を見せて欲しいもんじゃ!!




ZENJIN衆の多くは、この柳ブレイクに格別な想いを持っている。
帝釈弥勒不動。草創のZENJIN衆が確かに経験した“爆裂”の二文字。

それを聞く後輩達の頭の中は蕩けんばかり。
醍婆もその1人だ。
異常な執着を持ちキャストを続ける。
状況が違うのは分かっている、しかしどうにか釣りたい。


その
醍婆のVグラスに待望の魚信あり。
ルアーは…
Doさ〜〜ん!!(笑)

黒鱒
【ディプシーDo】

コメント:
我の八郎潟に悔いなし…。



そして本日終了。



其ノ三へ続く。。。



戻る