9月
将監川 7日(水)
片倉ダム 14日(水)
桧原湖 15日(木)

2005/9/15

桧原湖決戦




前日徹夜で片倉ダムに出陣した帝釈
帰陣後、そのまま此度は
桧原湖に出陣。
フラフラになりながらも、なんとか
医和屋敷に辿り着く。

流石の
帝釈も、寝ずの3日にはギブ宣言。

医和運転の桧原湖までの道中、猛烈爆睡させてもらう。
そして無事到着。



顔も曲がる疲労のピーク。




本山公より仕入れた医和の事前情報では“ハードルアーでガンガンOK!”
という、なんともまあ景気のイイお話。

そして奇しくも、昨年の今日(プラス一日)の9月16日は、
忘れもしない
帝釈小口黒鱒日本記録樹立の日


否が応でも期待は高まる。

しか〜し…

事前情報とはウラハラに、かなりの
シブシブコンディション



10時45分、医和のファーストフィッシュ。



11時01分、帝釈も捕獲。
やはりと言うか、このサイズ…。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜午前中終了(爆)〜〜〜〜〜〜〜〜〜




親の仇のようにジャンボカツカレーを食いまくり、
午後の部に突入。

連日の不眠と大食いがタタリ、睡魔が猛烈に襲う。

諦めずにロッドを振り続ける両名、しかし魚信なし。。。



午後3時20分、ようやっと
帝釈が捕獲。
アシストシアラーにカブリついてくれた。






そして、夕闇迫る午後4時30分。
シャローをダブルスウィッシャーで攻める
帝釈に大口黒鱒がヒット。

ムムム、これはもしや…。




ウムムムム…この展開は…。

左様、昨年の今日(プラス一日)と全く同じ展開!!Ψ(`∀´)Ψ

日中のタフコンディション、
そして夕方のこの時間、
このシャローエリアに於いて、
このダブルスウィッシャーで大口黒鱒を捕獲した。

その一時間後、二子島沖のハンプに移動し、


天下一の小口黒鱒を捕獲したのである!!



ラストは
『ハンプ巡り』を提案する医和に、帝釈も賛成。
夕闇が迫り、雰囲気も盛り上がってきた。


実績ハンプを巡り巡って
ダブルスウィッシャーを投入する両名。
ここで
帝釈が1つ気付く。

「ココ一番!という場所では、
医和殿はワシより先に投げてない」



これはトップウォーターゲームに於いて、

“一番熱い”と言われる【ファーストキャスト】を進呈してくれている。

とも考えられるが、どうやらそれだけではないようだ(笑)。

理由はここでは語るまい(笑)。
Basser 2004年12月号
または
出陣記2004 9月16日桧原湖決戦

をご参照下さりませ。



行くとこ行くとこでバイトを誘発するも、フッキングまで至らない
医和
しかし、気合でキープキャスティング。

島から尾根状に延びるシャローで、サイズこそ明確ではないが、
明らかに大型の捕食音と思われるバイトあり!!

またしてもノラず…。
( -。-) =3



そしていよいよ二子島沖ハンプ到着!
そこにレンジャーコマンチが浮いていた…(笑)

本山公「やっぱ来たか、ナイスタイミングだな♪♪」

聞けばこのポイントには投入していないとのこと。
流石は
本山公。有難き幸せ。<(_ _)>


さぁ〜昨年の再来なるか!!
日本記録をさらに更新出来るか!!


先ずは
帝釈投入!!

続いて
医和投入!!


そして移動…。
((( T_T)((( T_T)


そんなウマい話しは御座いませんです、ハイ。




午後5時30分、ラストポイントに入る。
二つ並ぶ手前のハンプで、
医和がフィニッシュを飾る!





大口黒鱒小口黒鱒
一度同時に持ってみたかったんじゃ。



帝釈談。
シブい、シブすぎる…。
日本記録更新を目指して出陣致しましたが、無念の敗退。
3回連続で3尾しか捕獲出来ませなんだ。
もはや言葉も御座いませんです。。。
Y(>_<、)Y



2005・9・15
TEAM-ZENJIN 桧原湖決戦 結果
名前 魚・尾数
帝釈 小口黒鱒 3
医和 小口黒鱒 2


戻る